株式会社西日本開発コンサルタント

私たちについて

株式会社西日本開発コンサルタント

補償コンサルタント業務で地域発展に貢献します。

「補償コンサルタント」ってどんな仕事?

建物の状態を調査します。
建物を移転する場合の費⽤を算出します。

※当社が現在携わっている業務の内容です。

取り組み

企業理念「守る、正しく、早く」に従い、
所有者様の負担を最⼩限に、正確な情報を調査・算出して、地域に貢献します。
また、⽇々の業務を改善することを意識して、社員⼀丸となり取り組みます。

企業情報

代表取締役
土居 義典
資本⾦
10,000,000円
社員
10名
創業
昭和45年10⽉12⽇
業務内容
補償コンサルタント業務(事業損失部⾨・物件部⾨)
登録
⼀般社団法⼈ ⽇本補償コンサルタント協会
 登録番号 補31-689 号
一般社団法人 日本補償コンサルタント復興支援協会
 会員番号 8-25
プライバシーマーク
 登録番号 第27000309 (01) 号
資格
  • 補償業務管理⼠⼯損2名
  • 補償業務管理⼠物件2名
  • 1級建築⼠1名
  • 2級建築⼠1名
  • 測量士1名
  • 測量⼠補1名
  • 基本情報処理技術者2名
  • 建築CAD検定3級1名
  • 電気工事士 第2種1名
  • 機械保全技能士2級1名
  • QC検定3級1名
  • 技術士補(建設)1名
  • ITパスポート1名
  • 情報セキュリティマネジメント2名
  • 日本商工会議所主催簿記検定2級1名
  • 日本商工会議所主催簿記検定3級1名
  • 一般建築物石綿含有建材調査者1名
  • ソフトウェア開発技術者1名
  • 酸素欠乏危険作業主任者2名
  • 第一種衛生管理者1名
  • 被災宅地危険度判定士4名

社内状況

業務の流れ

  • 1

    打ち合わせ

  • 2

    日程調整

  • 3

    調査

  • 4

    報告書作成

  • 5

    報告

  • 6

    納品

グラフで見る
西日本開発コンサルタント

主メンバー

ベテラン・フレッシュマン・デジタル職員で打破する

熟練各メンバーから若者へ技術継承を重視。

※2024年6月4日時点。今後、会社の成長と共に変化

  • 業務割合

    業務件数:116 件 調査家屋:129 棟 調査延床⾯積:113,913㎡  調査写真枚数:143,807枚

    ※2022年度

  • 特徴

    デジタル写真帳の対応 (調査写真 67%をデジタル化)  調査写真枚数:43,807 枚

    ※2022年度

品質管理体制

問題解決・解決・再発防止まで、絶対にあきらめない。

コミュニケーション

  1. もめごと

これらに重きを置く。

想いをつなげて全員プレイ。その先の業務をまっとうするために。

会社所在地

〒780-8040 ⾼知県⾼知市神⽥1060-1

  1. トップページ
  2. 私たちについて